仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語

社会生活10

目指せ!就職

仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語 社会生活10

電子商取引課税

電子商取引課税(インターネット取引課税)とは、世界中のコンピューターがインターネットで接続されたネットワークを通じて物流、契約、決済などの電子商取引のため、国境を越える取引(クロスボーダー取引)に対する消費課税のことです。
音楽配信サービスなどは、その提供者の所在地国で行われた取引なので、提供を受ける側の者は所在地方の消費税が発生しないという不公平を招くことがあります。
このような事態を改善するために、経済協力開発機構(OECD)は、技術的、または専門的に消費課税を実施する場合の検討を行なっています。

直接税 間接税

間接税は担税者と納税義務者が異なる税金のことで消費税などのことで、直接税は担税者と納税義務者が法律上同一な税を意味します。
料金や価格に応じて税金分は上乗せしていきます。
このことを税の転嫁といいます。また、税収入に収める間接税と直接税の割合を直間比率といいます。

自治体新税

自治体新税とは、銀行が手数料などの業務収入で得た利益、業務粗利益を法人事業税として課税する税のことです。
年々深刻化する財政難のため地方分権一致法が施行され独自に自治体が課税できる法定外普通税が許可制から事前協議制となりました。

目的税 普通税

税収入の使用目的が定められている税金を目的税といい、法人税や所得税などの一般的な財政支出の税を普通税といいます。
また、例としては、都市開発費用のあてる都市計画税や道路の親切のどの改修費用にあてる自動車取得税などが目的税にあたります

不公平税制

不公平税制とは、政策の配慮として、租税負担の不公を犠牲にし、納税者の税金を免除する特別措置を不公平税制といいます。
サラリーマン10割、自営業者8割、農業所得者3割(トハサン)、所得補足率がサラリーマン9割、自営業者6割、農業者は4割(クロヨン)、サラリーマン10割、自営業者5割、農業者は3割(トーゴーサン)などと呼ばれ、税の不公平感を象徴した言葉があります。
このように職種によって所得補足率が著しく差があります。

総合課税 分離課税

総合課税は所得税を原則とし、配当、事業などをのすべての所得を適用している課税のことです。
分離課税は、生活保障的性格(老後の)をもっていて長期経営と退職所得による土地や家屋、山林所得と分離した課税を分離課税といいます。

課税最低限

課税最低限とは、税金が課税されない限度額のことです。
給与所得者の場合は配偶者別控除、基礎控除、配偶者控除、扶養控除、社会保険控除を加えた金額です。
しかし、課税最低限は、憲法で保障する最低限度の生活に必要な所得は課税されないという考え方があって、個人住民税や所得税、の課税最低限と最高税率を下げ、薄く、広く平等な税負担構造にするべきだと、議論されています。

公益法人優遇税制

公益法人優遇税制とは、学校法人や宗教法人などの公益法人は公共的性格に従い税制の優遇処置がとられる税制のことをいいます。

直間比率の是正

直間比率の是正とは、直接税が占める租税収入の割合が高いことを考慮し、間接税も割合を高め、是正することを直間比率の是正といいます。
また、直間比率の是正は消費税の税率引き上げを意味します。

租税負担率

租税負担率とは、地方税や国税を含む租税負担額の国民所得が占める割合のことです。



仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語ページTOPに戻る