仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語

産業関係2

目指せ!就職

仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語 産業関係2

エコファクトリー

エコファクトリーとは、地球環境問題を重視し、環境負担を軽減する工業製品、低公害化、生態系保存、省エネルギー、省資源などのリサイクル生産システムの技術体系を完備した設計の工場のことをいいます。
環境負担軽減設計技術、自動車解体技術、廃棄物削減加工技術、高効率材料再生技術などシステム化技術を目指しています。
エコファクトリーは、1992年に建てられたラシュタット工場が一番最初のモデルとして有名です。
ラシュタット工場はドイツの自動車メーカーのメルセデス ベンツの工場です。

産学協同

産学協同とは、大学の研究機関と産業界とが共同で情報交換活動や技術開発をすることです。
世界の最先端ハイテク技術の領域にある半導体産業関連では技術研究組合として超先端電子技術開発機構(ASET)が1996年に発足されて、次世代の半導体、製造技術、共同研究プロジェクトが始動しました。
しかし産学協会の技術開発の成功例はありますが、共通言語での交流が不足するなどの障害があり、失敗するケースが目立つようです。

エコマテリアル

エコマテリアルとは、地球環境を考えた負荷の小さな材料のことです。
無溶剤接着剤、低環境負荷形料、非臭素系難燃エンジニアリングプラスチックなどの自然にやさしい素材を実用化しました。
それにより、費用が安い省添加元素合金などの新金属を使用したりリサイクルに手間がかかりません。
また、耐久性を強化させた高機能で高寿命な表面フッ素加工木材なども研究されています。 エコマテリアルは地球環境のニーズが増えてきたことにより関心が高まっています。

センターオブエクセレンス

センターオブエクセレンス(COE)とは、優秀な頭脳を重視して最先端の設備環境を備えた、世界から注目を集めている中核的な研究所のことです。
学術審議会では1992年に創造性豊な世界の最先端の学術研究を推進する卓越した研究拠点と定義しました。
アメリカのNIH、ドイツのマックス プランク研究所MPG、フランスのパストゥール研究所、イギリスのラザフォード アプルトン研究所RAL、イギリスのオックスフォード大学、エンブリッジ大学、アメリカのマサチューセッツ工料大学などがそうです。

ESCO

ESCO(エスコ)とは、ビル、工場、公共施設など、省エネルギーを推薦したり改善したり、環境負荷低減やコストの削減などを支援する事業のことです。
エネルギー消費状況を診断し、省エネルギーの見込みを計画立案をだして資金調達、システムの改善、高効率エネルギーの機会を導入し、エネルギー使用量計測管理という一連の動きをしています。
顧客の投資負担がないので費用は節減額から回収されることになります。また、ESCOは1973年の石油危機後にアメリカでの市場が年間10億から20億ドルにもなりました。

環境装置産業

環境装置産業とは、大気汚染防止や水質汚染を防止したりゴミ処理装置の機材を提供する産業のことです。
現代では特に大気汚染が問題になっており二酸化炭素の排出量が増加したり、フロンガスや窒素酸化物、硫黄酸化物などが地球環境の破壊の原因となっています。
日本では窒素酸化物や硫黄酸化物に対しての取り組みが早く、公害防止のために排煙脱装置や排煙脱硫などの装置を設置して自動車が排出する二酸化炭素などを減少させることに成功しました。
この装置は、技術水準が高いため技術輸出されています。

食料安全保障

食料安全保障とは、食料の安定供給のことです。
しかし地球環境の問題による生産制約や農地拡大が難しくなったことで生産の増加はまずないと予測されています。
また、急激に人口が増加することが予想されていること、インドや中国など、人口超大国に対し食料需給が不安定と予想されるため、食料安全保障は極めて難しい状況にあります。
人々すべてが常時必要とする基本的食料に物理的経済的に確実にアクセスできること、これが食料安全保障の定義です。

日本型食生活

日本型食生活とは、主食として米、それに水産物、野菜、畜産物、果実などの副食品を一緒に摂取することによって供給熱量の中のPECと呼ばれる炭水化物、たんぱく質、脂肪が適正に保たれます。
欧米では、日本の油を使いすぎない日本食に対して注目が集まっています。
その一方、日本は欧米の油を使いすぎた食べ物、ジャンクフード、パンを食べるようになりました。
米の消費率が落ちてきたのも欧米の食文化を取り入れたことが原因と言われています。

アメリカ農業法

アメリカ農業法とは、1996年に成立した農業法で連邦農業改善改革法ともいいます。
価格支持政策を約60年間続けていましたが、不足支払い制度を導入し、農作物の目標価格を設定して、下回る部分については補償する、生産調整政策を廃止しました。
その代わりに直接払い制度を導入しました。
また、土壌浸食の可能性がある農地では生産を停止させて、代わりに環境を保全する支払い制度が導入されました。

米の関税化

米の関税化(Rice Tariffication)とは、米に対して一般の貿易品と同様に関税をかけることによって輸入を認めることです。
米の関税化は1999年の4月から導入されました。
また、特例措置というものがあり、輸入量が内消費量3%未満の場合、輸出補助金が付いていない生産調整を実施していることを条件を満たす農産物(ミニマム アクセス)一定比率の引き上げを条件に1995年から6年間関税化する措置のことです。
日本では1993年にウルグアイ ラウンド農業合意によって米の関税化を特例措置されました。



仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語ページTOPに戻る