仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語

産業関係1

目指せ!就職

仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語 産業関係1

ナノテクノロジー

ナノテクノロジーのナノは10億分の1を表す単位で、ナノテクノロジーとは、100万分の1mmの世界で分子や原子を操作したり、加工する技術のことです。
略してナノテクといったりもします。ナノテクノロジーを使った例として、ITやバイオ、新素材の開発など幅広い産業発展に導入された基盤技術です。
日本では518億円を研究開発費として投入しました。
アメリカでは国家ナノテクノロジー計画に約5億ドルを研究開発プロジェクトに投入しました。

液晶ディスプレー

液晶ディスプレー(LCD)とは、電圧をかけると分子の並び方が変わる液晶の電気的特性を活かし利用した表示装置のことです。
フラットパネルディスプレー(FPD)この液晶ディスプレーは1968年にアメリカのRCAが開発しました。
液晶セルにはアクティブマトリックス方式と単純マトリックス方式がありDSTN型とSTN型、TFT型があり携帯電話やゲーム機、ノートパソコンに利用されています。

システムオンチップ

システムオンチップ(SOC)とは、一つのシリコンチップに1000万個以上の半導体素子を高密度に集積させて全機能を一つのチップにまとめたもののことです。
このシステムオンチップは混載技術や微細加工技術などのシステム設計技術がもたらしたもので、システムオンシリコン(System On Silicon)とかシステムLSIといったりもします。
システムオンチップが誕生したことによって省電力化や機器の小型化や低コスト化などが期待できます。

リチウムイオン二次電池

リチウムイオン二次電池とは、充電することによって繰り返し使用できる二次電池のことです。
正極の活物質にニッケル酸リチュウムやコバルト酸リチュウムを使用しています。
1989年に誕生したニッカド電池(ニッケルカドミウム電池)や1990年に誕生したニッケル水素電池などが有名です。
リチウムイオン二次電池は、ノートパソコンのバッテリーやCDプレイヤー、携帯電話やポータブル電子機器、デジタルカメラなどの携帯型の電子機器に利用されることが多いです。

プラズマディスプレーパネル

プラズマディスプレーパネル(PDP)とは、電力に特殊なガスをかけて時に発生する放電現象を利用し素子を発光させる方法で作られた表示装置のことです。
プラズマディスプレーパネルは大型化にするのが容易であり、非常に薄型でスペースをとらない利点がありますが、画面の明るさ(輝度)や発光効率や製造コスト、消費電力にまたまだ課題があるようです。
ブラウン管から液晶ディスプレーその次に来る次世代ディスプレーとして期待が高まってきています。

DVD

DVDとは、デジタル多用途型ディスクのことで、映像を高画質保存できたり、大容量の音声を情報記録できる媒体です。
大きさは直径12cmのCD−RやCD−RW、音楽CDと同じですが、記憶容量は音楽CDの約7枚分にもなり、記憶容量は4、7ギガバイトにもなります。
2000年にはDVDプレーヤーの世界需要が16000万台になり、DVDソフトも普及して4870万枚、1000億円以上を売り上げ急成長しました。
コンピューター産業、映画産業、などあらゆる分野で活躍しています。

WDM

WDMとは、一本の光ファイバーに複数の波長(光信号)をまとめて高速伝達する技術のことで、光波長分割多重ともよばれています。
4波から8波くらいの波長数には低密度光波長分割多重(CWDM)、16波以上の波長数には高度光波長分割多重(DWDM)というものがあります。
この技術は映像や音楽などの大量に情報を流通することを可能にした、ブロードバンドを生み出し、インターネットのストリーミングなどに利用されています。

アグリビジネス

アグリビジネスとは、農業を中心に研究開発した資材や資材を加工し、流通するまでの産業分野です。
食品加工業や資材産業、食料品流通関連産業、外食産業、農業資材産業など昔の農業の枠にとらわれない拡農業です。
また、育種、飼料、農機、発酵、食品加工、農業土木、衣料、新品種開発、など最先端の技術バイオテクノロジーの技術を導入し活発化させようという動きが高まっています。
また、現代では情報技術(IT)を内蔵した搾乳ロボットやGPSをつかったトラクターロボットなどを農業に導入しています。

リニアモーターカー

リニアモーターカーとは、低振動かつ低騒音で直線運動をできる乗り物のことです。
大都市市圏内距離の輸送手段や大都市間長距離の移動手段として利用されています。
リニアモーターカーは1962年に研究開発が始まり、1997年には本格的な走行実験が始まり、無人で3両編成のリニアモーターカーは時速550kmを記録しました。
また、日本以外でもドイツのトランスラポットが2005年にハンブルクからベルリンまでの距離292kmを、商業運搬用に実験開発していましたが、予算の都合で中止となりました。

宇宙産業

宇宙産業は巨額の資金と、技術的なリスクや経済的なリスクを伴うために西欧やアメリカ、日本などが国家プロジェクトとして推進しています。
また、宇宙産業はシステム産業、高度先端技術産業、高付加価値産業として扱われることもあり、他の分野にも高度な技術が活かされています。
今までに人工衛星やスペースシャトル、有人宇宙基地(宇宙ステーション)、衛生放送、などのプロジェクトが展開されています。日本の宇宙関連事業市場は2000年で3356億円にもなりました。



仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語ページTOPに戻る