仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語

社会生活14

目指せ!就職

仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語 社会生活14

リビルド部品

リビルド部品とは、構成単位にまで細かく分解して、必要であれば修理して再利用される中古部品のことです。
このリビルド部品はアメリカの自動車メーカーを中心として導入が積極的に行なわれています。
日本では乗用車の平均寿命は10年程度ですが、アメリカでの車の平均寿命は15年、ヨーロッパでは12年だそうです。
それは、保守や修理の重要性が高いため中古部品の利用が盛んに行なわれていました。
解体した自動車から使用可能な部品を集めて、きれいに洗浄してから再利用または販売しています。

古紙リサイクル

古紙リサイクルとは、古紙は昔からリサイクルの優等生といわれていてリサイクルをしやすい紙のことです。
しかし、リサイクルの循環を保つためには、もっと積極的に再生品利用を進める必要があります。
また、古紙は回収作業から再生に使うコストがかかるためバージンパルプ(再生されていない紙)より高額なため、人気はありませんでした。
しかし、最近ではオフィスや学校でコピー用紙や画用紙など再生紙100パーセントというものがでてきたため、安く購入できるようになりました。

デポジット

デポジット(Deposit)とは、預かり金のことでアメリカでは支払能力の証明になるものが無い場合、レンタカーを借りるときにも高額なデポジットを預けておき、車の返却の時にお金が返却されます。
確実な返却を求める場合には最適なシステムです。
また、デポジットは自動車や冷蔵庫やエアコン、テレビなどの電化製品にかけて不法投棄されやすい処理コストのかかるものに使われたりもします。
オレゴン州では飲料容器法を定めていたり、アメリカではベットボトルの不法投棄を防ぐためデポジットを採用しました。

飼料化

飼料化とは、生ゴミを資源化の方策として考え、家畜の飼料などにすることです。
といっても生ゴミを直接えさとして与えるのではなく飼料会社の原料として用途を確保します。
飼料は全国で大量に使用されているので、受ける側にとってみれば有利です。
また、生ゴミからの飼料化は異物混入の危険性があるので注意が必要です。
一般家庭で排出される生ゴミは分別がしにくいために再利用が困難ですが、スーパーや食品加工工場からでる生ゴミは分別が非常に楽で、品質も安定しているので飼料に使われやすいです。

産業廃棄物

産業廃棄物とは、工場などの事業活動に伴い排出される廃棄物のことです。
企業がさまざまな公害問題を引き起こすようになってきたことをきっかけに世論の関心が高まってきました。
最近ではアスベストを取り扱っていた工場からでる公害で近くに住んでいる住民たちがアスベスト被害にあいました。
1970年に公害国会で産業廃処理法が制定されて(事業者が出すものは事業者の責任で)という原則を反映させました。原則PPP(Polluter Pay Principle)

ごみ固形燃料

ごみ固形燃料とは、紙や生ゴミ、プラスチックや木のくずなどを燃料用として可燃ごみを乾燥させたもののことです。
アメリカでは決まったサイズのごみ固形燃料を小さく粉砕して直接利用したりしますが、日本では普通、一定の使いやすい大きさの固形物にして使います。
このごみ固形燃料はセメントの助燃材に使ったり発電用の燃料に使ったりもします。
現在では規模が拡大し、ゴミ処理施設では発電を行なうことが普通となりました。
ごみ固形燃料は今問題になっているダイオキシンを減少させることで注目を集めています。

焼却炉

焼却炉とは、一般的な焼却方式によってゴミを処理する施設のことです。
効率的にゴミを減らすことができますし、埋め立てをする場合に量を格段に減らすことができます。
日本はこの焼却方式を採用しています。
また焼却炉からでる余分な熱を利用し発電するなどのメリットもあります。
しかし、時代もかわり、廃棄物の質も変わってきたため、プラスチックなどの燃焼条件でダイオキシン(不完全燃焼によって発生)などの有害物質を発生させることが解明されました。
そのことから、焼却方式を見直しする動きが強まっています。

コンポスト

コンポストとは、堆肥のことです。
有機物は湿度と温度が、空気が適度な状態にあり、好気性の発酵、分解をして植物が栄養を吸収できる状態にするなど生ゴミを堆肥にする技術が注目されています。
また、家庭で生ゴミ処理が行なえるように自治体が補助金をだして普及させようとする動きもあります。
しかし、コンポストを必要とする農地では利用期限があったり、大規模に進めるには受け入れる側の理解、確保が問題となっています。コンポストはホテルなどでも使われています。

バーゼル契約

バーゼル契約とは、不正な輸出が行なわれたときに回収義務等を行なうことに関する条約のことで、有害物質の交際的移動に関する事前通知も契約の一つです。
バーゼル契約の正式名称は、(有害廃棄物等の国境を越える移動および処分の規制に関するバーゼル契約)バーゼル契約は1989年に国連環境計画(UNEP)によりスイスのバーゼルで締結されて、1992年に発効になりました。



仙台初詣就職成就就職活動一般常識用語ページTOPに戻る